• Matsumi

感情の声

最終更新: 2019年8月9日

痛み 苦しみ 悲しみ 怒り 不安 憤り etc…


生きていると しんどい感情に 多々見舞われる


そしてしんどい感情に見舞われると たくさん たくさん考えて

自分がその感情を持つに至る正当化を考え出す


一見いいように見える


いや じつはちっともよくない


思考で自分を守っていくのは エゴの上塗りになるだけだ


魂の成長とは逆向きになる


今の地球の人類の大半がまだこの辺りにいる


それを続けていると

感情のエネルギーであるオーラの2層と思考のエネルギーであるオーラの3層が大きく動き


はてはその境目が乱れて

ハートであるオーラ4層との境まで影響すると精神疾患につながる (by akua)


感情は思考の集積体 ある感情が生まれる下には思考がある

しんどい感情から 本当に開放されたいなら


自分の思考 思考の癖をありのまま とことん、見つめなければならない


ありのまま 正直に ( → ここ、肝要)


自分の痛みーブロックを開放するのに 近道や簡単お手軽な道はない


自分でつくったものだから 自分で解かなければならない


自分をとことんみつめて ブロックを自ら溶解させていくプロセスのなかで

それまで観る事ができなかった自分自身を直視し

本来のあり方と ずれてしまったところを修正していくなかで

魂は進化成長していく


ブロックが解けていくのは 恩恵にほかならない


感情の正当化をやめよう


感情の声を聞きすぎず 思考をこんがらせず

まず ありのままの自分をみつめていこう


そのためには 心の静けさが必要になる


心の静けさを培うにはヨガや瞑想はとてもよい


でも大丈夫


そういうのでなくとも

お茶を飲んで ひとり 静けさを味わってる時 とか


自然のなかで 心の羽をのばし リラックスしてる とき でも いい


自然に心のお喋りがとまり 静かな平安を感じていれば 同じ


だれでも できる


自分から自由になろう・・・!

最新記事

すべて表示

無自覚と無意識

身体そのものの奥深さや神秘性に惹かれて生きてきた。紆余曲折しながらもそれが仕事に繋がっていることをとても有難く思う・・ 半面・・自分の体や心に無関心の人は世の中にたーくさんいて仕事を通じてそういう方々と相対することになる。心と体の基本的な仕組みを知らないので、やみくもに運動すればいい~とか筋肉つければいい~とか、何かの形に添って運動すればいい~とか思ってる人にたくさん出会う。 そこには「自分不在」

つぶやき

既存のものからの発想は実につまらない 実験的 探究 が何より楽しい 老化のメカニズムは実はよくわかっていない という説がある 望まないDNAの働きに まんまとのっとられずにいる力が 私たちにはあるのではなかろうか…

幸せなとき

先日ある仕事場でごく簡単な内省―瞑想をしようと「皆さんが幸せを感じるのはどんな時ですか?」と聞きました。 ・・・大半の人がポカン 「そんなこと考えたこともない・・・」70代~90代の方々。 ベスト3は「お風呂」「食べてる時」「寝る時」 イレギュラーは 「ひ孫を抱っこするとき」「家族が笑っているとき」でした。 今日は長年お世話になったakua最後の「ありがとうセミナー」 スピリチュアルなことについて

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle