• Matsumi

からだの力・不思議6「操体法」ぎっくり腰

出産後、靴下をとろうとしてぎっくり腰になった。這うようにして近くの鍼灸院に駆け込む。「ぎっくり腰は体の使い過ぎか 運動不足です」そんな馬鹿な そんなおおざっぱなことがあるものか⁉ 治療は一回きりでやめ、自分で治す方法を探り始めた。まだまだインターネットなんてない時代(笑)当時瓜生さんの身体の講座にも出ていた頃だったので いろんなことを試しながら「操体法」に行きついた。痛みから逃れるように動くことで身体を調整する。シンプル。卓効。ぎっくり腰は治った。それ以来何か不具合になると操体法でバランスをとるようになった。その後 身体が深く緩むことと意識の関係性を多々体験していった。


最新記事

すべて表示

からだの力・不思議9(改)「身体心理学」

心と体の一体性に注目したフロイトの弟子、ウィルヘルムライヒが編み出したバイオエナジェティクスの流れをくむバイオシンセシスのトレーニングでも心と体の不可分性を自分にも他の参加者からも多々体験することになった。 ワークの名前や主旨は忘れたが仙骨の付近に軽く触れる繊細なエネルギーワークだった。 何かの感覚が生まれてくるのだけどうまく掴めない。とても繊細なエネルギーが動き始めていた。 その微かな動きに集中

からだの力・不思議9「身体心理学」

20年ほど前「身体心理学」なるものがあることを知った。まだ日本に入りたてだったように思う。こういう分野があるならもっと早く学びたかったーとその頃は思った。 2種類の身体心理学のトレーニングコースを受講した。体と心が不可分なものであることなど色々な体験があった。 *ハコミセラピー 自分の名前を変えたくなっていた時期、それをテーマにトレーニングセッションする機会があった。 「お前の名前は私がつけた」母

からだの力・不思議8「体からのメッセージ」

その世界では有名なダンスセラピーの始祖「アナ・ハルプリン」の愛弟子のワークショップに参加していた。サンフランシスコ郊外の素敵なスタジオ。なんのボディワークをしていたのか覚えていないが 仰向けに寝て足を動かしていたら突然「あなたは追いかけるのを諦めた」と足から声が聞こえた。びっくりした。そして涙があふれた。 子供の頃いきなり立てなくなったことがあった。原因不明。近くの接骨院におんぶしてもらって通い、

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle