• Matsumi

からだの力・不思議1「描く/踊る」

最終更新: 2019年9月14日

18才頃、どう生きたらいいのか その時々、感じるままに人物像や線や色や形を描いていました。描くことは色そのものや描いたものから深いところが癒されとても静かに内側から癒され満たされる時間でした。描くことはそのころ自分の魂の滋養でした。美大受験のために絵を描いていて自分が余る感覚、どうにも平面では自分のエネルギーを表現しきれず持て余し、描ききれなくて思い切り踊ってみました。踊っても踊り切れない 思うように手足を動かせない もっと踊りたいのに!身体に秘密があると直覚した瞬間でした。

最新記事

すべて表示

からだの力・不思議9(改)「身体心理学」

心と体の一体性に注目したフロイトの弟子、ウィルヘルムライヒが編み出したバイオエナジェティクスの流れをくむバイオシンセシスのトレーニングでも心と体の不可分性を自分にも他の参加者からも多々体験することになった。 ワークの名前や主旨は忘れたが仙骨の付近に軽く触れる繊細なエネルギーワークだった。 何かの感覚が生まれてくるのだけどうまく掴めない。とても繊細なエネルギーが動き始めていた。 その微かな動きに集中

からだの力・不思議9「身体心理学」

20年ほど前「身体心理学」なるものがあることを知った。まだ日本に入りたてだったように思う。こういう分野があるならもっと早く学びたかったーとその頃は思った。 2種類の身体心理学のトレーニングコースを受講した。体と心が不可分なものであることなど色々な体験があった。 *ハコミセラピー 自分の名前を変えたくなっていた時期、それをテーマにトレーニングセッションする機会があった。 「お前の名前は私がつけた」母

からだの力・不思議8「体からのメッセージ」

その世界では有名なダンスセラピーの始祖「アナ・ハルプリン」の愛弟子のワークショップに参加していた。サンフランシスコ郊外の素敵なスタジオ。なんのボディワークをしていたのか覚えていないが 仰向けに寝て足を動かしていたら突然「あなたは追いかけるのを諦めた」と足から声が聞こえた。びっくりした。そして涙があふれた。 子供の頃いきなり立てなくなったことがあった。原因不明。近くの接骨院におんぶしてもらって通い、

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle