• Matsumi

生徒さんへのアンケート

・・・地元でヨガを伝える自分のイメージがずっと掴めず、来てくださる方のニーズと自分が伝えられることの接点を何年間も手探り状態。講師をつとめる場合は呼んでくださる場のニーズに沿えばいいので焦点を掴みやすいけれど多様な人が集まる場合、皆、目的も心身の状態も様々。何を聞けばいいのかアンケートの文面も書けず・・・ようやく焦点をまとめてアンケートを作り、皆さんに書いてもらいました。 「体操としてのヨガだけでいい」と答えた人は一人のみ。よく聞いてみると「ヨガの精神性は難しそうだから・・」と。 「体は魂の乗り物・ヨガ本来の自分を見つめて本質に沿って生きる・とか そういうことに関心がありますか?の問いには「よくわからない」という人が数人。 とはいえ、全員が「自分のことを知りたい」 そして概ね「元気な体でいたい」「穏やかな心でいたい」 「必要と思えば自分を変える勇気や工夫、努力をしたいですか?」との問いには 全員「はい」 なんだかほっとした。何年もかけてこういう話ができるようになったのかも。。。 お正月明けのレッスンは大変な状況になってるメンバーが複数。パートナーや親が介護や看護が必要になりヨガの参加もこれまでのようにいかなくなりそう~と 「大変な時こそヨガの知恵は役に立ちます」と話しました。 たとえクラスに出る回数が激減したとしてもこれまでやってきたことを どう日常に 人生に活かすのか 大変な時こそ発揮するとき・・・と。 認知症になったとしても魂はすべてをわかっている。 病も同じ。死の瞬間、もしくは死後に自分の人生を俯瞰・把握する。今生の魂の進化成長の視点から家族に接してあげることの大切さ。現世の辛い・悲しい・かわいそう・大変・哀れ なんて視点は魂の成長の足を引っ張ること。そしてスピリチュアルな視点抜きには人生は困難になることも。

書物の知識ではなく自分が自分の人生で得てきた事々。自分のトラウマや痛みや自己卑下にうんざりするほど翻弄され、向き合い、家族の病に向き合い、次々看取ってきたなかで得てきたもの。全てを俯瞰する視点は誰の中にもある。私たちの本質だから。そこに立ちたいと思うかどうか・・・だけ。 不自然なポジティブシンキングは自分をごまかす。本質的に救われない・・・なんちゃって・・・それはさておき・・・みんなの本心が聞けて良かった。やっと指針を組み立てられます・・・

最新記事

すべて表示

ヨガでトラウマ2

いろんな方にヨガをさせて頂くとヨガがトラウマになってる人に良く出会う。 「体が硬いのでこれこれ~のポーズができなくて、すごく苦手意識があります」 「シャバアサナで動いたら注意された。死体なんだから動いちゃいけません!と」 それ以来その方にとってシャバアサナ(仰向けでリラックスするポーズ)は 「けして動いてはいけない!」と緊張するポーズとなった・・・・・・ なんだかなぁ。。。。と良く思う わたしは色

ハートからの会話

週に120人前後のご高齢者とヨガをしている。5年前「自分に何ができるのか」と都内も伊東もシニアのヨガは全て辞めようと思った。(各1クラスづつだけだったけど・・)ある方の言葉で伊東の仕事は踏みとどまった。辞めなくてよかった、と今思う。5年前に自分ができたことと今できることは大きく違う。先日ある方が福島からいらしたという。台風19号で被害を受け家族のいる伊東に避難してこられたという。あまり詳しく話を聞

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle