• Matsumi

無自覚と無意識

更新日:2月21日

身体そのものの奥深さや神秘性に惹かれて生きてきた。紆余曲折しながらもそれが仕事に繋がっていることをとても有難く思う・・ 半面・・自分の体や心に無関心の人は世の中にたーくさんいて仕事を通じてそういう方々と相対することになる。

心と体の基本的な仕組みを知らないので、やみくもに運動すればいい~とか筋肉つければいい~とか、何かの形に添って運動すればいい~とか思ってる人にたくさん出会う。

そこには「自己不在」なことが多い。

「なんか違う?」と感じている人は

まだいいほうだと思うけど

(・・失礼・・)

からだ・心・何より真の自分自身に対する無関心や無自覚の果てに体や心がバランスを崩していることをよく認識できない方も多い・・・・ からだを単なる道具にしてしまっている・・・

真の自分 ってのがまたよくわからないかもしれない。。。


人はなぜ生きるのか 何のためにこの星に降りてきたのか


その問いは子供の頃からわたしのなかで変わらない


人が死ぬときはオーラの5層が見切りをつけたとき


「この肉体にいてもこれ以上学べないから つぎ いきましょ」と・・・

物質界を生き抜くなかで 宇宙ー創造主ー天界の方向性「永遠性・無限性・拡張性」とあまりにもかけ離れ、エゴの力をいかんとも変えがたいとき 誤認のぐるぐる巻きが肉体に固着してどうにも変えがたいとき 魂は肉体の死を選ぶ 

そこには先祖の情報・遺伝子や過去生や

いろんなものも複雑に絡み合ってるとはいえ・・・ (他の理由のこともあるけれど自分自身の不調という意味では)


でもね 医学やの発達や生活環境の快適さで生き延びてしまえたりする


過激発言だけど

じゃ 生き延びたら なにしたいの? どう生きたいの? 何のために生きつづけたいの?

いずれは 死ぬ 「死」があるから 「いま」 がある


本気で見据えないんだよねぇ・・・

・・・

な~~~んて話をちらっとすると 「せんせーむずかしー」と言われることもよくある

・・・・・・だよねー

そんなこと考えないで生きてる人のほうが大半かもしれない

真のスピリチュアリティは自分の中にしかない。。。

。。。。な~んて 


ぼやいてないで  寒いから温泉でもはいろうっと♡ 伊東は温泉天国♡

どんなお天気でもこの地の自然の景色は本当に美しい 海・空・山・天国のような地球の美しさ・・・ こんな美しいところで生きられることは本当に幸せです

最新記事

すべて表示

既存のものからの発想は実につまらない 実験的 探究 が何より楽しい 老化のメカニズムは実はよくわかっていない という説がある 望まないDNAの働きに まんまとのっとられずにいる力が 私たちにはあるのではなかろうか…

先日ある仕事場でごく簡単な内省―瞑想をしようと「皆さんが幸せを感じるのはどんな時ですか?」と聞きました。 ・・・大半の人がポカン 「そんなこと考えたこともない・・・」70代~90代の方々。 ベスト3は「お風呂」「食べてる時」「寝る時」 イレギュラーは 「ひ孫を抱っこするとき」「家族が笑っているとき」でした。 今日は長年お世話になったakua最後の「ありがとうセミナー」 スピリチュアルなことについて

車のエアコンが壊れました(涙) 生暖かい風が出てきて窓を開けたほうが涼しいという事態に・・・・・・ 車検に出した某大手のチェーン店は「車検では見ない項目です。今予約が混んでるので朝の9:30に来て並んで待ってください。」(-o-:) やむなくまずはガソリンスタンドで観てもらうと「エアコンは難しいんですよ。ガス漏れではないので配管かも・・地元の自動車工場でみてもらってください。配管修理だと10万円ぐ