• Matsumi

操体法の深み

誰しも肉体の不具合に困ることがある


よくあるのは 腰痛とか肩が上がらないとか 


そういう時に操体法はとても役に立つ

私が操体法と出会ったのは 瓜生さんの健康塾?セミナ~が初めで

まだ20代そこそこだったから 必要性がよくわからなかった


その後ぎっくり腰になり 何とか自分で治そうとあれこれやったなかで

操体法で画期的に治りびっくりしたのが始まり


その後、自分のからだの不具合は操体法や整体の活元運動で大体ケアできた

自分の力では治せないときは 専門家にお願いする

が、知っているととても役にたつ


操体法を続けるうち

単にからだの不具合を調整できるだけでなく

意識を変える力 というか 自分の深い意識につながる体験が多くあった


ぽ~~~んと深~い瞑想状態に入るというか・・・

いきなりスピリチュアルなセッションをうけてるかのごとく

内側に深遠な世界が啓かれ 大きな気づきがもたらされる


肉体は潜在意識に近いという

からだの声が 魂の声で聴こえてくる


このメッセージはとてもインパクトが強い

思考や嘘がない


思いもよらない角度からポーンと降りてきて自分がびっくりする


そしてそのことで意識が変わり 意識が深くゆるむというか

納得するというか 拡張するというか・・・


それを味わってる中で肉体が変わる


簡単にいうと痛みや不具合が無くなってしまう


そんな経験を何度もしてるので

からだの叡智は本当にすごいと思う


誰でもできる

何の知識も練習もいらない


からだの声に素直に従っていくだけ


シンプルかつ無限に深遠


そんなわけで12月20日の天空りとりーと

午前は「セルフケア」操体法と可能であればヘッドケア 

午後は「絵を描いて自分自身と繋がるダンス」を開催しようと準備中です



最新記事

すべて表示

無自覚と無意識

身体そのものの奥深さや神秘性に惹かれて生きてきた。紆余曲折しながらもそれが仕事に繋がっていることをとても有難く思う・・ 半面・・自分の体や心に無関心の人は世の中にたーくさんいて仕事を通じてそういう方々と相対することになる。心と体の基本的な仕組みを知らないので、やみくもに運動すればいい~とか筋肉つければいい~とか、何かの形に添って運動すればいい~とか思ってる人にたくさん出会う。 そこには「自分不在」

つぶやき

既存のものからの発想は実につまらない 実験的 探究 が何より楽しい 老化のメカニズムは実はよくわかっていない という説がある 望まないDNAの働きに まんまとのっとられずにいる力が 私たちにはあるのではなかろうか…

幸せなとき

先日ある仕事場でごく簡単な内省―瞑想をしようと「皆さんが幸せを感じるのはどんな時ですか?」と聞きました。 ・・・大半の人がポカン 「そんなこと考えたこともない・・・」70代~90代の方々。 ベスト3は「お風呂」「食べてる時」「寝る時」 イレギュラーは 「ひ孫を抱っこするとき」「家族が笑っているとき」でした。 今日は長年お世話になったakua最後の「ありがとうセミナー」 スピリチュアルなことについて

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle