• Matsumi

操体法と変性意識

深く集中して操体法をすると 時として深層意識、潜在意識に繋がり深い気づきや洞察を得ることが度々ある 自然堂の津田先生も「そうそうよくあるよ~」とおっしゃる 首のコリを扱ううちに  鉗子分娩―バーストラウマー胎内記憶 母になってくれた魂との契約を思い出した 衝撃的だった 魂の気づき 

無心に集中してると、時としてなんでこんなことが起きるのかなぁ・・・

肉体は潜在意識に近いといわれる 

オーラ 1層ー肉体 2層ー感情 3層ー思考 4層ーハート 5層ーその魂の進化の計画 より広い知性 6層ー源のエネルギーそのもの  7層ー源の進化の計画 (akua)

操体法は肉体を動かすのだから1層だと思うけど 無心になっているときは おそらく4層のエネルギーと共にあるのではないか?

「無」は4層ハートのエネルギーがつかさどる ハートはゼロポイントといわれる

体に集中してるときは 無 になっている 無 の視点で からだを動かしていくとき からだも 無に戻るんじゃないのかなぁ・・・

だから  操体法では医療では扱えないようなものが良くなったりする

・・・ん じゃないのかなぁ・・・・

「無」になってるとき

エネルギー的にはどんなことがおきてるんでしょうね~

====================== ハートの状態で物事を見つめられればいいのだけど 思考や感情のバイアスがかかる 思考や感情で判断されてしまうからそれが維持され厄介になる

厄介な出来事も不自然さのない「ありのまま・無」  の視点で観られれば 消滅していく =進化(by akua ) ======================

ほんとにそうだなぁ…と思う

最新記事

すべて表示

からだの力・不思議9(改)「身体心理学」

心と体の一体性に注目したフロイトの弟子、ウィルヘルムライヒが編み出したバイオエナジェティクスの流れをくむバイオシンセシスのトレーニングでも心と体の不可分性を自分にも他の参加者からも多々体験することになった。 ワークの名前や主旨は忘れたが仙骨の付近に軽く触れる繊細なエネルギーワークだった。 何かの感覚が生まれてくるのだけどうまく掴めない。とても繊細なエネルギーが動き始めていた。 その微かな動きに集中

からだの力・不思議9「身体心理学」

20年ほど前「身体心理学」なるものがあることを知った。まだ日本に入りたてだったように思う。こういう分野があるならもっと早く学びたかったーとその頃は思った。 2種類の身体心理学のトレーニングコースを受講した。体と心が不可分なものであることなど色々な体験があった。 *ハコミセラピー 自分の名前を変えたくなっていた時期、それをテーマにトレーニングセッションする機会があった。 「お前の名前は私がつけた」母

からだの力・不思議8「体からのメッセージ」

その世界では有名なダンスセラピーの始祖「アナ・ハルプリン」の愛弟子のワークショップに参加していた。サンフランシスコ郊外の素敵なスタジオ。なんのボディワークをしていたのか覚えていないが 仰向けに寝て足を動かしていたら突然「あなたは追いかけるのを諦めた」と足から声が聞こえた。びっくりした。そして涙があふれた。 子供の頃いきなり立てなくなったことがあった。原因不明。近くの接骨院におんぶしてもらって通い、

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle