• Matsumi

からだの痛み 心の痛み

ある日のご高齢者のヨガ 「せんせい 足が痛いんだよ」

「どうされたんですか?」

「ここ、はたかれたの それで痛いんだよ」

何年も前に家族にいきなり足をたたかれ、それ以来痛いという。

骨折したり 怪我をしたわけではない。

「・・・・そうなんですね。びっくりしたでしょう いきなりはたかれて

痛みのある所に話しかけてあげるといいかもしれないですね

痛かったね びっくりしたね 大変だったね・・」って

「そうか~ そういうの、あるかもしれない やってみるよ」

短い時間のやり取りしかできなかった


翌週その方に「足の痛みはどうですか?」と話しかけると

「せんせい 足、楽になったんだよ。今日、もう一回やってほしいと思ってさ」


今度は少し時間をかけてゆっくり話を聞いた。

家族の為に一生懸命心身尽くした。けれど いきなりひどい仕打ちをされたことに

怒りと悲しみがたくさん心に詰まっていた。

その方の気持ちによりそってたくさん話をきいて慰めた。


翌週「せんせい 痛いの治ったよ」


からだとこころはひとつ


わたしにとっては当たり前なんだけど

そんな風にからだとむきあっていなければわからないことかもしれない


からだとのつきあいかた

こころとのつきあいかた


ご高齢者とこんなやり取りをしてると 時にせつなくなる


「もっとはやく こういうことを知っていたら 

自分の心を自分でわかって 自分自身を慰めてあげられたら

自分が自分をよくわかってあげられたら

そんなに長い時間 辛い気持ちと痛みを抱えていなくても良かったのに・・」


とよく思うのです・・・・


からだ こころ 人生 魂 生死 輪廻転生 


わたしたち 何のために ここ地球に生まれてきたのでしょうね・・・




最新記事

すべて表示

無自覚と無意識

身体そのものの奥深さや神秘性に惹かれて生きてきた。紆余曲折しながらもそれが仕事に繋がっていることをとても有難く思う・・ 半面・・自分の体や心に無関心の人は世の中にたーくさんいて仕事を通じてそういう方々と相対することになる。心と体の基本的な仕組みを知らないので、やみくもに運動すればいい~とか筋肉つければいい~とか、何かの形に添って運動すればいい~とか思ってる人にたくさん出会う。 そこには「自分不在」

つぶやき

既存のものからの発想は実につまらない 実験的 探究 が何より楽しい 老化のメカニズムは実はよくわかっていない という説がある 望まないDNAの働きに まんまとのっとられずにいる力が 私たちにはあるのではなかろうか…

幸せなとき

先日ある仕事場でごく簡単な内省―瞑想をしようと「皆さんが幸せを感じるのはどんな時ですか?」と聞きました。 ・・・大半の人がポカン 「そんなこと考えたこともない・・・」70代~90代の方々。 ベスト3は「お風呂」「食べてる時」「寝る時」 イレギュラーは 「ひ孫を抱っこするとき」「家族が笑っているとき」でした。 今日は長年お世話になったakua最後の「ありがとうセミナー」 スピリチュアルなことについて

  • Facebook - White Circle
  • Instagram - White Circle
  • Twitter - White Circle